【2019年】母の日プレゼントどうする?

2019年母の日のプレゼントはどうしますか?今年の母の日のプレゼントおススメや母の日の知識や情報、アンケート調査などをお伝えします!

世界の母の日

イギリスの母の日ってどんな感じ?

投稿日:

イギリスの母の日ってどんな感じでしょう?日本でもお祝いされている「母の日」ですが、もちろん海外でも大切にされています。

この日は、いつもかぞくのために一生懸命家事をやってくれるお母さんに感謝をする日。

「お母さんに感謝を」という気持ちは、万国共通なのかもしれませんね。

イギリスの母の日とは?

母の日というと「アメリカ」で行われているものが有名なのですが、イギリスの母の日は宗教の観点からアメリカとは日にちが異なります。

イギリスでの母の日は、キリスト教歴の「四旬節」というものがはじまって、4回目の日曜日と定められています。

なので、毎年日にちが違うというのが特徴ですね。

イギリスでの母の日は「マザリング・サンデイ」という名称で呼ばれており、この日は色々な方法でお母さんたちの労をねぎらい、感謝の言葉を伝えます。

日にちの決め方が違っても、母の日の意味は意外に共通点があるようです。

イギリスの母の日の由来とは

イギリスの母の日の由来は、16世紀にさかのぼります。

この時代は10代の女の子が「家政婦」としてお屋敷で働くことも多かったのですが、こうして働いている娘さんたちがお母さんに会いに帰ることを許される日がありました。

これが、今で言う「マザリング・サンデイ」です。

娘さんたちは、この日のためにお母さんに特別なケーキを焼いて実家に持ち帰ったと言います。

キリストの11人の使者をイメージしたマジパン製のボールを乗せたケーキは、娘から母に贈られる「感謝の気持ちを込めたケーキ」です。

本来であればキリストの死者は12人なのですが、このうちの1人であるユダは裏切り者となってしまったため、10人で数えています。

このような由来があるため、イギリスの母の日は「祝日」に指定され、とても大切にされているのです。

今はいろいろなお祝いのされ方があるようです

時代はかわり21世紀となりましたが、現在は母の日にも色々なお祝いの仕方があるようですね。

日本でも行われているようにお花を贈ることもありますし、ケーキをプレゼントすることもあります。

今の母の日に関しては、いろいろと日本と共通しているところも見られますね。

母の日付近になると、街のあちこちに母の日向けのプレゼントが並び、それを買い求める人が見られるようになります。

ちなみに、イギリスで愛されている母の日のお花は「バラ」。

日本でも最近はカーネーションではなくバラを贈るひとが増えていますが、薔薇は女性から人気があるお花のひとつなので、贈ったらとてもよろこばれます。

もらって喜ぶお花も、世界である程度共通しているのかもしれません。

母の日のメッセージカードも多く販売されます

イギリスでは、母の日の合わせて「メッセージカード」も多くはんばいされているようです。

日ごろはなかなか伝えることができないお母さんへの感謝を伝えるために、可愛いメッセージカードが販売されるようです。

母の日付近になると、このメッセージカードが大変な売れ行きとなり、いいものは店頭から消えてしまうこともあるとか。

もしイギリス在住で母の日のプレゼントにメッセージカードを…と考えている人がいたら、ぜひとも早めに買い求める様にしてみてください。

お母さんのイメージでカードのデザインを選んでみたり、どんなデザインなら喜んでもらえるかを想像しながら選んでみるというのは素敵なことだと思います。

もちろん、日本でも同じようにメッセージカードを選んでいる人がたくさんいます。







-世界の母の日

Copyright© 【2019年】母の日プレゼントどうする? , 2020 All Rights Reserved.